MENU

ベトナム移住への道(空港編)

こんにちは SHJRです。

 

最近人気のベトナム。今はコロナウイルスの影響で入国は難しいですが、

日本から直行便で約5時間程度。昨年は空港や街でよく日本人を見かけるように

なりました。

旅行で来た人の中に、

「ベトナムに住んでみたいなぁ」と思う人もいると思います。

そこで私が経験した移住までの道のりを紹介したいと思います。

まずは空港編です。

 

目次

1.まずは旅行で

私はベトナムで働く事が決まるまで、一度もベトナムに来た事ははありませんでした。

旅行で5月に1週間ホーチミンを訪れました。

東南アジアへ旅行経験がある人は、イメージが沸くとは思いますが、初めての人は空港を降りた瞬間、

「蒸し暑さと人々の熱気」で驚くと思います。悪気はないようですが、かなり距離が近いです。

一列に並ばなかったり、声でかいし(笑)

空港でいきなり人間の本性むき出しなシーンに遭遇します。

このカオス感を楽しめる人はベトナム移住はOKだと思います。

 

2.ホーチミン空港について

ホーチミンには国際線ターミナルと国内線ターミナルがあります。(連結してません)

日本からだと国際線ターミナルに到着します。空港はさほど大きくありません。

飛行機を降りると、まずイミグレーションに到着します。そこで入国審査を受けます。

(ビザの申請はイミグレーションの横にあります。入国審査前に申請します)

 入国審査を終えるとエスカレータを降りて、荷物をピックアップします。

以前知らない人が私のーツケースを持って帰ってしまう。

という事件に遭いました。

その際の問い合わせ窓口は、同じフロア内にあるので、自動ドアを出る前に空港職員に事情を

伝えてください。(英語orベトナム語)。紳士的に対応してくれます。

私のスーツケースは無事戻ってきました。

3.ビザについて

日本国パスポート所有者は、滞在日数が15日以内であれば、ベトナム入国時にビザが必要ありません。ベトナムに入国して出国後30日以内に再度ベトナムに入国する場合は必要です。

ビジネスビザを入手する場合は、招聘状を日本であらかじめプリントアウトしておき、顔写真

(私は忘れてビザセンターで撮影)を持って、イミグレーションの左側にあるビザセンターで

申請&支払いを済ませます。(私は米ドルで支払いました)。

4.通信手段について

通信手段の確保は日本よりベトナムの方が簡単に設定できます。

まず空港内のイミグレーションに辿り着く前と後に、「SIMカード!」と叫ぶお兄さん、お姉さんが現れます。ここは街で買うより割高ですが、空港に出てすぐ連絡したい!という場合の方は、このイミグレ前か、荷物をピックアップした後、自動ドアを抜けるとレンタカーの勧誘ブース周辺で購入可能です。

SIMフリーの携帯を持っていたらすぐ設定してもらえます。

値段は1000円程度だったと思います。

 

5.ホーチミン市内への移動手段について

私が初めてベトナムを訪れた頃はアメリカの配車サービス「UBER」がまだベトナムで

サービスを行ってましたが、現在は撤退してシンガポールを拠点とする「GRAB」がサービスを行っております。GRABをご存知ない場合、空港内でエアポートタクシーの手配も可能です。ベトナムの相場ではかなり高額ですが、安全です。

(空港から市内中心部まで1800円くらい?)

最近ホーチミン日本領事館からも注意喚起が出てますが、「偽GRAB」が頻繁に客引き

しており、高額な料金を請求して利用客とトラブルが起きてます。

慣れている方は断るだけの事なんですが、見た目は白いシャツで首からGRABのネックストラップを掛けて「GRAB?」と声をかけてきます。

ひどい奴はこちらがGRABをすでに手配しているのに私の携帯を触ろうとしてくる輩もいるので、まぁ面倒くさいです。

基本的に声をかけてくる奴は怪しい。で問題ありません。

 

バスも運行してます。中心部のドンコイ通り行きで40000ドン(200円くらい)

GRABは時間帯で料金は変わりますが、だいたい100000ドン(500円くらい)

ただ、GRABは高確率で英語が通じません。

行先をグーグルマップで見せるか翻訳ソフトを見せるかすれば必ずなんとかなります!

あとホーチミン空港は車両の入場に10000ドンかかります。支払いの際に追加されます。

これを知らないと

「ぼったくられた??」

と勘違いします。

これは1台につき10000ドンです。1度だけ1名10000ドンを請求したドライバーに遭遇した事があります。知っていれば防衛できる知識だと思います。

 

次回はGRABについてもう少し紹介します。