MENU

GRAB利用のトラブル回避方法は?

こんにちは SHJRです。

 

旅先でのトラブルや嫌な思いは絶対に避けたいですよね。

東南アジアへ旅行する時、便利なサービスにGRAB(配車サービス)というのがあります。

欧米やインドなどはUBERが有名ですが、東南アジアではGRABが人気です。

キーカラーはグリーンです。このグリーンカラーのヘルメットを被ったライダーを

街中で多く見かけます。非常に便利なんですが、人間同士、どうしてもトラブルが発生します。

その際のちょっとした対応方法をご紹介します。

 

GRABはシンガポールに本社がある配車サービスの会社です。

現在はシンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシア、カンボジア、

ミャンマーと、ほぼ東南アジアを網羅してます。

 

サービス内容は主に、4輪と2輪のタクシーやフードのデリバリーがメインで、他に携帯電話の

料金などの支払いもGRABで可能です。

携帯電話にアプリをインストールしておけば、国が変わっても自動的に現地の国でサービスを

受ける事ができます。

 

支払い方法は、現金、クレジットカード、GRAB PAYと呼ぶキャッシュレスが選べます。

(前回のブログで「お釣りの問題」を紹介しましたが、キャッシュレスもしくはカード払いであれば

お釣り問題は気にしなくていいと思います。)

以前のブログ⇒「 配車サービス「GRAB」の便利な使い方」

 

目 次

 

(ケース1)料金前払いで乗車できなかったら?

私も初めは「カードなどで前払いして乗車できなかったらどうする?」と考えました。

でも個人の経験ですが、空乗車のトラブルは一度もありません。

実はGRABドライバーは登録制で名前やカーナンバーも分かるようになってます。

もし、乗車できないトラブルに遭遇したら、アプリ内の

「ACCOUNT」⇒「HELP CENTER」に進み、OTHER TOPICSの「ACCIDENT & SAFETY」の

項目があり、そこから電話をかける事が出来ます。(英語のみ)

GRABコールセンターは本人の携帯番号で利用履歴が分かるので状況を伝えれば問題ありません。

利用もキャンセルになり、料金も戻ってきます。

 

(ケース2)写真は撮影しておく

トラブルが発生した時はパニックになったり、感情的になってしまい、ついつい忘れがちですが、

証拠写真は撮影しましょう。相手の車のナンバーや車種が分かればGRAB本部へ提出する証拠と

なります。GRABは登録制ですので本部はすぐ追跡できます。

一度GRAB本社よりチェックが入ったドライバーは注意喚起と1週間の動向チェックなど監視が入り

常習の場合は契約を解除されるそうです。人気の職種なので運転する側も紳士的になります。

 

(ケース3)乗車の誘いは断る

 GRABは配車サービスですので、基本的には一般人の方が運転してます。

空港の到着口でGRABから乗車をすすめてくる人は断りましょう。

ごくまれに腕を引っ張って来る強引な勧誘もいます。

(感覚の話ですが、ベトナム人はしつこく勧誘して来ないです)

 

ホーチミン日本領事館も「偽GRAB」には注意喚起のメールを配信してます。

最近は国際線ターミナルの到着口周辺でGRABと偽り観光客を乗車させて、後から

法外な料金を請求する輩が増えてます。

 

 

以上ちょっとしたポイントでしたが、GRABは本当に便利で快適な移動ツールですので

ぜひご利用ください。

楽しいベトナム旅行を!